Category Archives: 未分類

グレインフリーとグルテンフリー


最近では人間でもさまざまなアレルギーを持つ人が増えており、食べられる食材が限定されている人も少なくありません。またさまざまな健康のための情報が溢れており、肉を避ける人もいれば穀物を避ける人もいます。この穀物不使用のことをグレインフリーという言い方をします。グレインフリーが身体に良いとする考え方は人間の食物だけでなく、ワンちゃんのエサに関しても同様の考え方の飼い主さんがいるようです。span style=”border-bottom:2px dotted #008000;”>ワンちゃんは基本的に肉食動物なので、体内に穀物を分解する酵素がなく、なるべく穀物を含まないグレインフリーのドッグフードのほうが犬の健康に資するという考え方です。

似たような言葉で「グルテンフリー」という言葉もありますが、ちょっとした違いがあります。「グレインフリー」が「穀物不使用」なのに対し「グルテンフリー」の方は「穀物から生成されるタンパク質を不使用」という意味があります。人間でも突然小麦アレルギーなどになってしまい、今まで食べられていた小麦由来の食材を食べられなくなる人がいますが、ワンちゃんの場合でも小麦アレルギーになってしまう子が結構いるようです。愛犬の様子を見ていてドッグフードを食べても吐いてしまったり、下痢になりやすかったりするとこうしたアレルギーの場合もあります。

ドッグフード選び


最近のペットフードは本当によくできていて、人間よりも良いものを食べているんじゃないかと思ってしまうくらいのご馳走もあります。とはいえ犬も猫も生き物ですので、人間と同じで食べる物も食べる量も気をつけなければ肥満や体調不良の原因にもなってしまいます。ワンちゃんのためのドッグフードだけでも、ペットショップに出かけてみるとこんなにたくさんの種類があるのかとびっくりするものです。自分の愛犬の健康状態やアレルギーの有無などもしっかりと考慮に入れたうえでドッグフード選びをしなければなりません。気になることがあれば動物病院の先生に診てもらって、できれば先生とドッグフード選びの相談をすると良いでしょう。

人間の食べ物を考えても脂っこくてコッテリしたものはおいしですしご飯が進みます。しかしそうした食べ物は大体カロリーも多く食べ過ぎると肥満の原因になります。ワンちゃんのエサでも同じことが言えます。ドッグフードで脂っこくてベタベタした感触のものというのは嗜好性をアップするために脂っこくしている可能性があります。こうしたものを愛犬に食べさせ過ぎると当然健康にとってマイナスの要素となります。ほかにも匂いがきつすぎるドッグフードなども人工添加物によってそうなっている可能性がありますから、良質なものとは言い難いかもしれません。なるべく素材の天然の美味しさを活かしているワンちゃんの身体に良いドッグフードを選びたいものです。